ゼロファクターの使用可能部位はどこ?ヒゲ以外に効果がある部分はあるの?口コミやレビューを元に調査してみました!

濃くて太いヒゲを抑毛するゼロファクター。

ヒゲを生えにくくするローションですが、他にはどの部位に使えるのでしょうか。

口コミやレビューを元に調査してみました。

https://pf-japan.jp/

口コミや価格などの記事はこちら

ゼロファクターは全身に使用可能!

男性の上半身

結論から言いますと、ゼロファクターは全身に使用が可能です。

皮膚が薄い顔にも使えるので、他の部位にも使用ができます。具体的には

  • ワキ
  • 腕・手
  • お腹(ギャランドゥ)
  • 背中
  • お尻
  • 太もも
  • スネ
  • アンダーヘア(Vライン)

しかしデリケートゾーンであるIライン(性器とお尻の間の毛)とOライン(お尻の穴周辺の毛)に使う時は要注意です。

そのあたりは顔と同じように肌が敏感なので、肌荒れになる可能性があるからです。

IラインとOラインはシェーバーで剃るか、脱毛サロンへ通ったほうがお肌には安全です。

アンダーヘアのメインであるVラインには安心して使えます。

他の部位に使う時はゼロファクターを多めに使おう

アメニティ

ヒゲ以外の部位にゼロファクターを使う時は、多めに使いましょう。

通常ゼロファクターをヒゲに使う時は、1~2プッシュを目安に肌へ塗ります。

腕やスネなど、塗る部分の範囲が広い時は、4~5プッシュを目安に手に取ります。
ムラにならないよう塗るのがポイントです。

ヒゲに使う時と同じように、肌を清潔な状態にして、毛穴が開いた状態で塗るとより効果的です。

効果が出るまで継続することが必要ですが、悩みのタネだったムダ毛が徐々に細くなる効果が期待できます。

ゼロファクターは1本で全身どこにも塗れるので魅力的ですよね。

効果的な使い方はこちら